会計システムの導入において注意できる点や、会計ソフトの選び方をまとめています。

戦略的に選ぶ会計ソフト

会計システムの導入において

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人事業主などが節税を目的として会計ソフトなどを導入するというケースは珍しいものでしゃありません。
しかし会計ソフトを導入することにもいくつかのデメリットがありますので注意が必要です。
たとえば会計ソフトを使うということは、ソフトにすべてデータを入力する必要が生じますので、手間が生じてしまいます。
さらに簿記の知識の他にもパソコンの知識や技術が必要になり、どちらのスキルもないような場合には、かなりの負担になってしまうことでしょう。
さらに会計ソフトに関してですが、フリーソフトのようなものもあれば何十万もしてしまう効果な会計ソフトもあります。
さらに月額1万円などのサポート費用がついてくるというようなソフトもありますので、場合によっては初期投資が必要になってしまうものもあります。
また会計事務所に頼るのではなく、この会計ソフトですべてを行おうとする場合にはサポートがない場合も多く、トラブルがあったとしてもマニュアルなどを見て自分で解決していかなければなりません。
それで会計システムを導入しようとしているのであれば、会社の規模、人員にかかる費用と会計事務所への依頼料などをしっかり計算して、それだけの負担を補うだけのメリットがあるのかどうかを吟味するようにしましょう。
ではそのような吟味を重ねて会計システムを導入しようとする場合、どのような会計ソフトがオススメだといえるのでしょうか。
すでに簿記の知識があるというのであれば、複合仕訳や伝票入力ができるタイプの会計ソフトがオススメできますし、簿記の知識はないというのでしたら、データ入力ができる帳簿入力タイプの会計ソフトが丁度良いでしょう。
さらにチェックしたいポイントとしましては、会計ソフトの勘定科目や補助科目が十分なのかや、編集可能なのかも注意したいところです。
さらに会計ソフトといってもさまざまな種類があり、個人対応と法人対応と両方に対応しているものがありますので、将来どのようなビジョンをもっているのかなども会計ソフト選びには重要になってくるといえます。
この会計ソフトのなかにはフリーソフトというものもあります。
フリーソフトだけに初期費用はおさえられるのですが、法改正による更新がなかったり、サポートがまったく受けられないものがほとんどですので、そのような点をしっかり把握したうえで使うようにしましょう。
また体験版をダウンロードできるものもあるので、はじめはまずそれらを使ってみるというのも良いかもしれません。

比べてお得!

Copyright (C)2018戦略的に選ぶ会計ソフト.All rights reserved.