会計ソフトにはさまざまな種類がありますが、どのように選べばよいのかを紹介しています。

戦略的に選ぶ会計ソフト

会計ソフトの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自分の会社で会計ソフトをつかって給与計算や会計業務をしているという企業は少なくありません。
しかし会計ソフトといってもかなりの種類があり、何を基準にソフトを選べばいいのか分からないという方も少なくありません。
まずどのようなものを使おうか考える前に、顧問契約を結んでいる税理士さんへ相談するようにしましょう。
というのも税理士さんが利用しているコンピュータのデータと互換性のあるソフトを選ばないと後で問題になってしまうケースもあります。
しかし税理士さんがオススメするソフトのなかには特別なソフトで20万円も30万円もするようなものもありますし、月額1万円や2万円もリース料を払うタイプのものもありますので、そこまでのコストを払う必要性があるのかも吟味してみましょう。
会計ソフトのなかでとくに注目されているものとしてはどのようなソフトをあげることができるのでしょうか。
まずは「JDL-IBEX出納帳」がありますが、これは日本デジタル研究所が作成しているソフトで、非常に操作が簡単だというのが特長にもなっています。
さらに便利なのが会計事務所側でお客様に合った形にカスタマイズしてデータを渡す事ができるという機能で、さまざまなシーンで活躍するといえるでしょう。
ソリマチが販売する「会計王」も人気の高い会計ソフトになりますが、この特長となっているのがコストパフォーマンスの高さで、このクラスの会計ソフトのなかではトップクラスの安さを誇っています。
それだけでなく別途サポート料金を支払うことによって最新版のソフト更新や電話などでのサポートを受ける事もできるので、品質に関しても遜色なく使うことができます。
オービックビジネスコンサルタント(OBC)が販売する中小企業向けERPパッケージソフトである「勘定奉行」も人気の会計ソフトですが、業務効率の向上を目指して統合基幹業務パッケージとして販売しており、全体的に会計業務をまかせることができます。
無料の体験版ダウンロードなどもできるようになっていますので、とにかく使ってみたいという方はぜひダウンロードしてみると良いでしょう。
さらに小規模事業者向けの「経理じまん」というシリーズのソフトが人気になっている「PCA会計」というものも人気で、小規模な会社には特にオススメになっています。
これらの会計ソフトのなかには体験版が試せるというものも少なくありませんので、まずはそれらで使ってみるというのもよいかもしれません。

比べてお得!

Copyright (C)2018戦略的に選ぶ会計ソフト.All rights reserved.