税理士と契約することにはどのようなメリットがあるのかや、税理士の選び方などです。

戦略的に選ぶ会計ソフト

税理士のメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
税理士と契約している企業は少なくありませんが、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。
まず税理士は、税務調査として税金の申告が正しく行われているかどうかを調査をしてくれますので、過少申告加算税や重加算税などの税務調査でのリスクを避けることができます。
税務調査は一般的に立ち会いが必須になっており、自分で行う場合にはその期間すっと立ち会いが要求されますので、業務に支障が生じてしまうことがあるかもしれませんが、税理士がいる場合、立ち会いや対応を依頼できますので業務の効率化にも効果的です。
さらに重要なメリットといえるのが節税対策でしょう。
これこそが戦略的税務ともいわれるものですが、節税対策をしっかりしてもらうことによって過大な税額を支払うことを避けられたり、不利になる方法を避けることが可能になります。
さらに企業として邁進していくにあたって必要になる税務に関するアドバイスを貰えるというのも大きなメリットだといえるでしょう。
会計ソフト入力・経理を代行してくれることはもちろん、増税項目に関して影響が少ない方法をアドバイスしてもらったり、税務署への各種届出についてのアドバイスや書類の作成、資金繰り・経営全般の相談などもしてもらうことができます。
もし税理士などがいないと自分で情報を調べなければなりませんが、税法は頻繁に変わりますので忙しかったりするととても最新の情報についていくことが難しくなってしまうことでしょう。
このように税理士に委託することにはさまざまなメリットがあるのですが、同時にデメリットについても考えておかなければなりません。
まず大きなデメリットといえるのが税理士と顧問契約を結ぶことでの報酬コストでしょう。
しかし煩雑な税務処理を自身で行う場合の時間や費用などを計算すると安くなるケースがほとんどですので、導入したほうが良いケースのほうが良いといえるかもしれません。
しかし税理士を選ぶといってもさまざまな税理士がいますので、そのなかから会社にピッタリの税理士を選ぶ必要があります。
いくつかポイントがありますが、得意とする業務と自分の会社のニーズがあっているのかや、相性、地域や年齢などを参考にすることができるでしょう。
実際に利用している経営者などに税理士の印象やサービス内容を事前に聞いておくのも選ぶさいの参考点として挙げられるかもしれません。
いずれにせよ税理士は会社にとって重要な役割ですので慎重に決めるようにしましょう。

Copyright (C)2018戦略的に選ぶ会計ソフト.All rights reserved.